障害年金とは、怪我や病気を抱えてしまったことにより、仕事や日常生活に支障をきたす場合に申請すると、年金が受け取ることができたり、障害手当金という一時金をもらうことができたりする制度です。特に怪我や病気で仕事ができなくなってしまうと、生活がままならなくなってしまうかたもいらっしゃいますので、トラブルに巻き込まれたときにはありがたく感じられる制度だと言えるでしょう。

障害年金若年層をメインとした給付制度と言えますので、65歳以上で既に年金を受け取っているかたが受け取れる可能性は、若いかたよりも比較的低くなっています。申請が不可能であるわけではありませんが、65歳以上になると制約が多くなるということは覚えておいたほうが良いでしょう。

障害年金には障害基礎年金と障害厚生年金の二種類があり、国民年金を納めているかたは障害基礎年金を受け取ることになり、厚生年金を納めているかたは障害厚生年金を受け取ることができます。どちらのケースでもしっかりと保険料を納め続けてきたという実績が、審査に大きな影響を与えることになりますので、保険料の払い忘れがないという点は、障害年金を申請して認められるための最低条件と言えるのではないでしょうか。